韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ

今韓国で一番流行っている“スンドゥブ”が登場!

スンドゥブとは、

 

絹ごし豆腐のような柔らかい豆腐を、小さな土鍋に
海の幸、唐辛子粉そして、肉や野菜と一緒に煮込んだもので
韓国料理の中ではとてもポピュラーなもの。

 

 

韓国から取り寄せた唐辛子と香辛料を使ったスープは、
辛さの中にもコクがタップリ! 鍋の具はお豆腐だけでなく、
エビ・ホタテ・あさりなどの海鮮がたくさん!!

 

さらに、卵を入れると辛さが和らぎ旨みが倍増。

 

そして、一人前ずつ石釜で炊き上げた御飯にかけて食べると、
一層美味しくお召上がりいただけます。

 

 

---------------------------------------------------------

 

●スンドッブの作り方【とっても簡単!】

 

●スンドッブのスープを解凍してそのまま全部お鍋に入れてください。

 

●沸騰しましたら豆腐一丁(250g〜300g)を入れ、
   スプーンで切るよう細かくつぶして下さい。

 

●お好みで唐辛子粉、付随の青唐辛子を入れて下さい。      

 

●再度沸騰したら出来上がりです。

 

 

スンドッブ用の豆腐は絹こし豆腐
もしくはそれよりもやわらかい豆腐(おぼろどうふ等)

 

を使用していただくと上手に作ることができます。

 

 

トゥッペギ(韓国のチゲ用鍋)で作るときは
上記量の三分の一くらいが適当です。

 

生卵を入れるときは火を消してからグツグツしているときに
入れてください。

 

韓国の人に言わせると 

 

「スンドッブの味はこくのあるスープの味と
 ピリッとした辛さが特徴」といいます。

 

スンドブを日本語で訳すると「豆腐チゲ」になってしまいますが、
実際には「たこ焼き」や「お好み焼き」のように固有名詞だと思って
ください。(ドッブ、トッブは豆腐の意味です)